時計を描く

制作のポイント

円状に等間隔に目盛りを描くところがポイントかと思います。

まず、このような図を作成します。灰色の円は50%程度の半透明に設定し、全体をグループ化しておきます。

watch03

「編集」→「クローン」→「タイルクローンを作成」で、以下のように条件を設定し、実行すると、

watch02
watch0

このような図ができあがります。

watch04

見た目は一つですが、実際には下図のような図の重なりからできています。

watch05

グループ解除(2回繰り返す必要あり)して、灰色の円だけ削除すると、下図のような目盛り付きの円ができあがります。

watch06
参考にしたサイト: Episode 047|screencasters.heathenx.org

投稿者: comemo

WordPress.com での記事の作成方法など

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。