不完全透過な選択の作成

これははっきり言って難しかったです。

eraser02

まだ、使い分け等わからないことがあるのですが、とりあえず、わかったことだけをメモしておきたいと思います。

「消しゴム」による不完全透明化

「消しゴム」に不透明度の選択をして、選択範囲を不完全透明化することができます。

eraser14

eraser01

ちなみにコピー&ペーストでInkscapeに貼っても、不完全透明のままです。

eraser02

「選択範囲をフロート」による不完全透明化

適当な範囲を選択し、

eraser03

「選択」→「選択範囲をフロート」をクリック。

eraser04

レイヤーの不透明度を調節すると、

eraser05

選択範囲が不完全透明化されます。選択範囲の外側をクリックすると、

eraser06

レイヤーが一つに戻ります。

eraser07

「塗りつぶし」の「色消しゴム」モードによる不完全透明化

「塗りつぶし」の「色消しゴム」モードを使うと、

eraser08

選択範囲を段階的に透明化していくことができます。

eraser11

eraser12

eraser13

補足

「編集」→「消去」を選択すると、

eraser09

選択範囲を透明化することができます。

eraser10

参照:第7章 GIMPでお絵描き 1.2. 不完全透過な選択の作成

投稿者: comemo

mac & iPad で情報をインテグレートする

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。