FreeMind: 特定の項目にタイマーをかける

FreeMindには、特定の項目にタイマーをかける機能があります。私はあまり利用しませんが、例えば、どうしても忘れては困る要件については、タイマーをかけておけば、忘れるリスクを減らすことができます。

ノードにタイマーをセットする

「ツール」→「カレンダーを開く」をクリック。

time08

ノードを指定した状態にして、カレンダーでタイマーに設定したい時刻に変更し、「この日にリマインド」をクリックでタイマーがセットされます。

mumu01

設定した時刻になり、タイマーが作動すると、タイマーをセットしたノードの枝が旗と時計のアイコンが交互に切り替わる感じで点滅します。

time04

time03

タイマーをかけたノードを探し出す方法

タイマーをかけたノードは、「ツール」→「スケジュールリストを表示」から探し出すことができます。

time06

開いた「タイムマネジメント」ウィンドウから「移動」をクリック。

time07

すると、タイマーをかけたノードを表示することができます。

time05

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。