矢印の連なったデザインを描く

episode093_01

作成のポイント: 矢印のとんがり部分を円に這わせる

矢印のとんがり部分を円に這わせるときには、「エクステンション」→「パスから生成」→「パターンをパスに沿わせる」の命令をかけます。

episode093_02

なお、上記の命令をかけるときには、矢印のとんがり部分を最前面へ移動する必要があります。それをしないまま上記の命令をかけると下図のようになってしまいます。

episode093_09

作成のポイント: 矢印に分解する

矢印に分解するときには、矢印のとんがり部分と四角の部分をアングループ(グループ解除)します。

episode093_03

円と四角のグループの両方を指定して、「パス」→「差分」の命令をかけると下図のように矢印の部分が残ります。

episode093_05

なお、上記の命令を掛ける前に円に対して「パス」→「ストロークをパスに変換」の命令をかけていないと、下図のようになってしまいます。

episode093_04

作成のポイント: 矢印の連なったデザインを投影させる

「エクステンション」→「パスの変形」→「透視図」で、矢印の連なったデザインを投影させます。

episode093_06
arrow01
episode093_07

なお、上記の操作をする場合には、矢印の連なったデザインの方(投影させたい図形)から指定する必要があります。逆の順番に指定すると下図のようになってしまいます。

episode093_08
参照したサイト: Episode 093|screencasters.heathenx.org

投稿者: comemo

WordPress.com での記事の作成方法など

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。