レトロっぽいデザインを描く

retro02

作成のポイント: 複数の曲線を引く

まず、複数の曲線を引くための要素としての、色の要素と曲線の2つのパスを準備します。

episode097_01

次に、上記2つのパスを指定します。この際、色の要素のパスの方が前面になるようにしておいてください。そして、「エクステンション」→「パスから生成」→「パターンをパスに沿わせる」を開きます。

episode097_02

上図のように各種設定を設定した後、ライブプレビューにチェックを入れると、うまくいくと下図のようになります。「適用」ボタンを押して、作業終了です。私は今のところ明確な傾向を掴んでいないのですが、以上の作業がうまくいかないときには、例えば、色の要素のパスを一旦、グループ解除しておいて、また、グループ化して、最前面にもってくるとうまくいくことがあるような気がします。このあたり、パラメータサーベイして、傾向をきちんと抑えたわけではないので、もし、うまくいかないときはダメもとで試してみてください。

episode097_03

使用したフォント: 02.10

retro01

なんだか変わったフォント名ですよね。由来を知りたいです。

使用したテクスチャ

Snow0099_2_S
参考にしたサイト: Episode 097|screencasters.heathenx.org

投稿者: comemo

WordPress.com での記事の作成方法など

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。