WordPress.com の規約違反を気にせずに amazon の本を紹介する方法

最終更新日:2015-11-01

art10

おっ、ウィジェットに「Goodreads」というのが追加されています。

WS001480

さっそく試してみることにします。

widgetidou01

とりあえず、リンクがかかっている「(?)」をクリックしてみます。

goodreads12

すると、WordPress.com のサポートページへジャンプしました。英語で GoodReads というサービスの使い方が書いてあるものと思われます。とりあえず、リンクのかかっている「GoodReads」をクリックしてみます。

goodreads13

すると、goodreads のサイトへジャンプしました。

goodreads01
GoodReads

ログインしてみます。

goodreads02

Twitter を使って接続する場合は、こんな感じでログイン作業が行われます。

goodreads03

ログインすると、こんな感じの表示になります。

goodreads15

「My Books」をクリックすると、

goodreads16

goodreads に登録した本の一覧が表示されます。

goodreads17

検索する場合には、上の方にある検索欄に適当なキーワードを入力して、虫眼鏡のアイコンをクリックします。

art01

すると、以下のように検索結果が表示されます。

art02

「Amazon.co.jp」の方にチェックを入れ、

art03

「search」ボタンをクリックすると、

atr04

amazon での検索結果が一覧表示されます。

WS001481

「add to my books」ボタンをクリックすると、自分用の本のリストに登録されます。

art04

本を登録すると、上の方から追加されていきます。

WS001482

ブログに貼るときには、「view」をクリック。

art07

「Blog This Review」のところにある HTMLタグをコピーし、

art08

WordPress.com のテキストウィジェットに貼り付けると、

art09

サイドバーなどにこんな感じで表示されます。同じ要領で投稿記事などへも貼り付けることができます。

art10

投稿記事の方に貼ると、こんな感じです。

イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫 by 児玉 光雄

View all my reviews

なお、以下の数字をコピーして、

Goodreads ウィジェットの「Goodreads ユーザーIDの数字」の欄に貼り付けて、「保存」ボタンをクリックすると、

goodreads19

サイドバーなどにこんな感じのものが表示されますが、日本語が表示されません。

WS001483

以前、「amazonの本をブログで紹介する方法 | comemo」という記事の中で、「amazlet」というサービスを紹介しましたが、このサービスは本来、アフィリエイトをするためのものであって、WordPress.com では、アフィリエイトブログは禁止されている(参照:ブログの種類 — WordPress.com)ので、今後、本の紹介をする場合には、Goodreads を使ったほうがいいと思います。っていましたが、

ブログのコンテンツの一部として商品紹介などを行い、その際にアフィリエイトリンクを貼るというような形でしたら問題ありません。

引用先:アフィリエイトリンクの規定がよくわかりません « WordPress.com 日本語フォーラム|2015-02-02

とのことですので、amazlet 等の、アフィリエイトをすることができるタイプのツールを使っても問題ないようです。(2015-11-01追記)

 

来年は 4 日から投稿を始めたいと思っています。では、よいお年を。

9件のコメント

  1. 良い記事をありがとうございます。
    外部のサービスを利用せずにリンクが張れるのが一番理想だと思うんですけれど。
    特に英語圏のサービスを経由するのは少し抵抗が。
    それは私の語学力の問題であり・・・・・・・・・・・・・・

    いいね

    1. コメントありがとうございます。
      個人的には「amazlet」を使っても問題ないと思いますよ。ただ、運営する側としては、アフィリエイトでないことが一目でわかる Goodreads を使ってもらったほうが管理しやすくてありがたいだろうな、と思いました。ですので、「使わないといけません」ではなく、「使ったほうがいいと思います」としました。

      なお、例えば、Facebook シェアボタンの機能を使って、以下のような感じのものを貼り付けることはできるのですが、これが Facebook や著作権とのからみでどうなるのか、ということが私には判断できないので、説明は保留、というより、とりあえず、WordPress.com オススメのものをまずは使ったほうがいいのだろうな、ということです。


      いいね

  2. amazletはセットアップしないと赤の他人のアフィリエイトのIDが入って、一度それでWordPressの規約違反で通報された事があります。
    Amazonなどから本の表紙を拾って、画像をリンク対象にするというベーシックなやり方もあるので、それで済む場合はそっちですませようかと思います。

    いいね

    1. 私の解釈ですと、amazlet を使うこと自体は規約違反ではありません。しかし、区別のつかない人が通報して嫌な思いをするくらいであれば、WordPress.com の紹介している GoodReads を使ったほうがいいということです。
      amazon から本の画像を拾う方法については、私がグレーだと思います。
      http://q.hatena.ne.jp/1155701644
      しかし、個人のブログにいちいち文句をつけにくるほど amazon さん関係者も暇ではない(逆に採算がとれなくなる)ので、実質的にトラブルになるようなケースはまれだと思います。実際に結構なアクセス数を誇るブログでも画像を流用しているケースが結構みられます。
      いずれにしても、私としては、「GoodReads をお勧めするけど、amazlet でも構わないと思いますよ。amazon からの画像の直接の引用については判断しかねるのでノーコメント」という立場です。

      いいね

      1. 参考になりました。
        WindowsLiveのフォーラムでwriterについての要望を書いていたらAmazonのプラグインがあった事を思い出しました。

        Windows Live WriterでAmazon関係のプラグインがあるのを思い出しました。
        ずっと前に使って、amazletの方が良さそうだったので使っていなかったのですが去年バージョンアップしているっぽいのでそのうち試してみたいと思います。

        プラグイン
        http://plugins.live.com/writer/detail/amazon-associate-japan

        あと、検索したらこういう物が出てきました(これから試したいと思います)。
        http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se484612.html

        いいね

        1. 連絡ありがとうございます。
          私としては、GoodReads ウィジェットを WordPress.com が出してきたので、アフィリエイトの可能なそれ以外のものをこのブログで新たに紹介することには抵抗があります。ですので、今後、新たに amazon の貼付に関する記事を作成するのは控えたいと思います。もちろん、個人の裁量でいろいろとツールを使うことは何ら問題ないと思いますよ。

          いいね

  3. amazletを利用するのとgoodreadsの場合の詳しい違いをお聞きしたいです。
    Wordpress.comがウィジェットとして取り入れているgoodreadsの方がオススメなのは理解できました。
    Goodreadsをamazon経由で登録する事でamazon associate とリンクするのでしょうか?
    Wordpress.comのアフィリエイトのルールの線引き、難しいですね。

    いいね

    1. コメントありがとうございます。

      ご質問の件についてですが、Goodreads については数年、使っていないので、はっきりしたことはよくわかりませんが、今、ちょっと触ってみたところ、amazon.jp とのリンクがうまくいかないケースがあるようなので、もしかしたら、日本語圏では、amazlet 等を使ったほうが無難かもしれません。

      というのも、最近の情報によりますと、WordPress.com のスタッフ自らが以下のようなコメントをされているので、

      ブログのコンテンツの一部として商品紹介などを行い、その際にアフィリエイトリンクを貼るというような形でしたら問題ありません。

      引用先:アフィリエイトリンクの規定がよくわかりません « WordPress.com 日本語フォーラム|2015-02-02

      amazlet を使っても大丈夫のようです。

      なお、アフィリエイトリンクについての最近の私の見解については、以下の記事の下の方に記載しました。

      そういうわけで、この記事の情報は古くなってしまっているようなので、近々、末尾部分の記述は手直ししたいと思います。

      いいね: 1人

      1. 丁寧に説明していただきありがとうございます。

        いいね: 1人

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。