WordPress.com のアーカイブ表示について考える

今日は WordPress.com のアーカイブ表示について考えてみました。

archivesdisplay13

WordPress.com におけるアーカイブ表示の分類

分類方法にもよりますが、カテゴリー毎や月毎に投稿記事の一覧(アーカイブ)を表示する場合、その表示形式は、大きく分けて、以下の4種類あります。

1.全文表示

archivedisplay01

2.概略表示

archivesdisplay01

3.リスト表示

archivesdisplay02

4.サムネイル表示

archivesdisplay03

アーカイブ表示が「2.概略表示」、「3.リスト表示」、「4.サムネイル表示」であるテーマについては、以下の記事にリストアップされています。

Category/archive pages: full posts or not « wordpress tips

アーカイブ表示を投稿記事個別に編集する方法

私が知りうる限り、ほとんど活用はされてはいないようですが、技術的には、「1.全文表示」及び「2.概略表示」に分類されるテーマでは、アーカイブ表示を投稿記事個別に編集することが可能です。例えば、下図の例で言うと、「書式確認用の記事」というタイトルの記事の概略表示等の部分をサムネイル画像や説明文と置き換えることが可能です。

archivesdisplay04

rect3015

archivesdisplay12

投稿記事個別に概略表示等の部分をサムネイル画像等と差し替えるためには、「抜粋」というところに画像等を入力すればOKです。

archivesdisplay06

それらがそのまま概略表示等の部分と置き換わります。

WS001576

私見ですが、記事を投稿するたびにこのような作業をするのは難儀なので、実際にアーカイブ表示を思いのままに修正するためには、レンタルサーバ等にインストールするタイプの WordPress の方でサムネイル表示できるように改造することになると思います。

また、有名な「コリス」というブログでは、アーカイブ表示は「2.概略表示」になっています。フロントページの方をよくみてもらいたいときは、敢えて全文表示ではなく、概略表示にする、という手もあるかと思います。

全文表示を短縮する方法

全文表示されている投稿記事をアーカイブ表示で短くする方法があります。この方法は多くの人が活用しているようです。

archivesdisplay07

rect3015

archivesdisplay11

ビジュアルモードの状態で、下図のアイコンをクリックすると、

archivesdisplay08

以下のような横線が追加されます。

archivesdisplay09

HTMLモードの状態ですと、

archivesdisplay10

以下のようなタグで表示されます。

WS001577

以上の操作で、以下のように投稿記事が短縮されて表示されます。

archivesdisplay11

タグの挿入部には「この投稿の続きを読む」といったような文字が入ります。

WS001578

moreタグの「more」の次に文字を挿入すると、

WS001580

「この投稿の続きを読む」の部分が、more の後ろに挿入した文字に置き換わります。

WS001581

 

あと、アイキャッチ画像を使って、サムネイル画像をアーカイブに表示したりであるとか、投稿フォーマットを使って、表示形式を変更する、といった方法もありますが、そのあたりはまた、次の機会にしたいと思います。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。