itheme2 の翻訳ファイルはそもそも作れるものなのか調べ中

dfhbsfdgsfdf

「itheme2 ✕ 日本語化」で google 検索をかけてみても引っかからないので、まずは、そもそも、itheme2 の日本語化ってできるものなのか調べてみることにしました。

なんとなく、「languages」っていうフォルダが怪しそうなので、開いてみると、

fgsfgsf

そこにあったテキストファイルにこんな記述が。

dfhbsfdgsfdf

なんとなく、できそうな感じです。

adgsdgfgsf
Translating Themes – Themify

一方、一般的に po とか mo とかいうファイルが準備されていなくても、翻訳ファイルが作れるものなのか調べてみると、以下の記事によると、なんとなくできそうなことが書かれてあります。

翻訳対象となるテキストは __() と _e() のところなので、poEdit はソースファイルをサーチして自動で収集してくれます。生成される .po ファイルはテキストフォーマットのファイルで、次の翻訳作業で編集に使われます。

引用先:poEdit で翻訳ファイルを作る « iDeasilo

なんとなく、いけそうな感触が得られたので、楽しみは後にとっておくこととして、第一次調査はこのくらいにしておきたいと思います。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。