[WordPress.oom]「下書き」、「プライベート」、「パスワード保護」、「公開」での公開範囲の違いについて

公開範囲

WordPress.com で投稿記事を公開したりするとき、以下のようにいろいろな公開範囲を設定することができます。

sfgsgads

sdsfgsfd

なんとなく、公開範囲を図示すると、以下のような感じになるような気がします。

公開範囲

「公開」、「パスワード保護」、「下書き」はなんとなく語義のとおりで問題ないと思います。

ここで確認したことは、「プライベート」とは、ユーザー個人にとってのプライベートなのか、それともユーザー登録している人、全員が見れるのか、ということです。どうやら、ユーザー登録している人は誰でも見れるようです。

ちなみに私自身は、ほとんど「公開」を利用しています。

投稿者: comemo

WordPress.com での記事の作成方法など

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。