mac での「SiteSucker」を使ってのファイルのダウンロード

最終更新日:2015-11-23

Windows を使っている頃は、「irvine 」というのを使って、ファイルのダウンロードを行なっていました。

ここでは、mac でのファイルのダウンロード方法についての覚書をしたいと思います。

使ったものは「SiteSucker 」というものです。

SiteSucker Manual for Mac OS X

以下の記事で知りました。

この作業を通じて、あとから知ったのですが、以下の記事のとおりにすると「SiteSucker」を日本語化することができます。

実際にファイルをダウンロードする前に、「SiteSucker」において、以下の設定を行いました。

「General」→「Download Option」のところで「HTML 処理」を「なし」に、「取得対象」を「同じディレクトリのすべてのファイル」にします。

image
 

また、php ファイルに「.html」が追加されないように「HTML 扱い」の欄内から「php」を削除します。

SiteSucker-3
 

以上、3つの設定をしてから、ダウンロードしたいファイルの入っているフォルダの URL を以下の場所にペーストし、

Untitled
 

リターンキーを押したり、「Next」ボタンを押したりすると、ファイルのダウンロード作業が始まり、

Untitled-1
 

mac のフォルダ「ダウンロード」等の中に目的のフォルダが保存されます。

ダウンロード
 

ちなみにフォルダの中身はこんな感じで、階層構造まで反映された形でちゃんと保存されます。

stay
 

適宜、フォルダを指定し、

wpcom-themes.svn.automattic.com
 

zip ファイルにして、

dfgsdfgsf
 

ダウンロードしたファイルを利用します。

sgfsfgsfd
 
関連記事
  • Webサイト丸ごとバックアップ!一括ダウンロード「SiteSucker」

投稿者: comemo

WordPress.com での記事の作成方法など

mac での「SiteSucker」を使ってのファイルのダウンロード」への1件のフィードバック

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。