[WordPress.com] ショートコード「display-posts」で子カテゴリや孫カテゴリを含むカテゴリの記事を表示するときには「taxonomy」を使うといいかも、という話

IMG_0448

ショートコード「display-posts」を使って、最新記事を表示したり、ある特定のタグのついた記事のリストを表示する場合には問題ないのですが、子カテゴリや孫カテゴリを含むカテゴリのリストを出力する際には、注意が必要です。

結論から先に言うと、子カテゴリや孫カテゴリを含むカテゴリに属する記事のリストを出力するときには、「category」ではなくて「taxonomy」を使うといいようです。

PhotoScape

例えば、私のブログの場合、「01 WordPres.com の使い方」というカテゴリは、たくさんの子カテゴリや孫カテゴリを含んでいますが、例えば、記事中に以下のような記述を追加しても、

[display-posts category="01-wordpress-comの使い方" posts_per_page="-1"]

こんなふうに記事が出力されてきません。

FADFADFS

一方、「taxonomy」を使って、記事中に以下のような記述を追加すると、

[display-posts taxonomy="category" tax_term="01-wordpress-comの使い方" posts_per_page="-1"]

以下のような感じで、カテゴリ「01 WordPres.com の使い方」に属する記事のリストがちゃんと表示されてきます。

asdfafads

「category」と「taxonomy」の違いを図示すると、こんな感じでしょうか。

IMG_0448

親カテゴリの記事すべてを出力したいときには「taxonomy」、子カテゴリなどを作っていて、そっから漏れた、こまごまとした「その他もろもろ」みたいな記事を出力したいときには「category」、みたいな感じで使い分けるといいのでしょうか。

こうやって考えていくと、カテゴリの階層化が進んだ場合、なんとなく、両方ないとまずいような気がします。

参考

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。