記事をサクサク投稿できる環境についてのメモ

24 - Batata Frita

24 – Batata Frita (Photo credit: dereckesanches)

記事をサクサク投稿する方法についての覚書です。おそらく、これからも投稿手段は変化していくと思いますが、今のところ、スムーズに書けるようになったな、と感じているので、とりあえず、ここで記録を残しておこうと思います。

サクサク動く PC 環境

これがなかなか簡単そうで難しい、サクサク動く PC 環境づくり。MacBook Air の Parallels Desktop 上の Windows 7 32bit に Windows Live Writer をインストールしてブログ記事の作成を行なっていますが、ほぼ、問題なく使えています。

なお、もし、どうしても Windows Live Writer が重くて使えそうにない場合には、メールで投稿してみてもいいかもしれません(記事「メール投稿 — サポート — WordPress.com」参照)。

軽快でどこにでも貼れる画像キャプチャ

画面のキャプチャには、Skitch の旧バージョンを使っています。旧バージョンを使っているのは、最新版のものは私のパソコン上ではちょっと重く感じたからです。なお、旧バージョンだとぼかしを入れることができませんが、その部分については、ToyViewer というソフトを使っています。(記事「Skitch の旧バージョンではできない部分的なぼかしを ToyViewer で行う」参照)

まとめてサクッと画像の一括貼付け

Windows Live Writer では画像の一括貼り付けが簡単にできます。

どこでもサクッと貼れるリンク貼り

私の場合は、Windows Live Writer で記事を作成した後、下書きの状態で WordPress.com へ送信し、WordPress.com の編集画面の方で、アイキャッチ画像を設定したりしてから公開し、その後、適宜、WordPress.com の方で修正作業を行なっています。ですので、リンクの貼り付け手段は Windows Live Writer と WordPress.com とで同じになるように(私の頭が混乱しないように)ブックマークレットを使っています(ブックマークレットの入手先:My Utility-Make Link ジェネレータ)。

また、Windows Live Writer には、一度貼りつけたリンクを登録しておく機能があるので、その点も便利かなと思います。リンクさせたいキーワードの後ろに半角空白を入力すれば、そのキーワードに自動的にリンクがつきます。

思い通りに画像編集

画像の編集は Skitch でも十分可能ですが、昔から Windows 7 の方で使っていて手になじんでいる PhotoScape を使っています。

手書きで自由にネタ帳づくり

ネタ帳はなんでも構わないと思いますが、私自身は UPAD という iPad のアプリを使っています。このあたりは個人差があると思いますが、私自身の場合は手書きの方がなんとなく考えがまとまりやすいです。

あと、このアプリでは、手書きした部分を消したり、色を変えたり、自由にコピー&ペーストできたりするので、実際のノートに手書きするよりも融通が利きます。

sadfasfdsa

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。