iThoughtsX を使って WordPress.com にリンク付きのリストを貼る方法についての考察

最近、iPadiThoughtsHD と同期のとれる mac の iThoughtsX を購入しました。ここでは、iThoughtsX にブックマークしてあるいろいろなWeb サイトへのリンクをまとめて WordPress.com に貼る方法について検討してみました。

なお、私自身は、昔ブックマークした記事の内容はだいたい忘れていることが多いので、Firefox 等に各 Web サイトを立ち上げて、内容を確認しながら、ひとつひとつリンクを埋め込む形をとっています。

iThoughtsX には Markdown 記法で書き出す機能がある

iThoughtsX には、以下のように部分的な枝を

asfafdas

Markdown 記法で書きだす機能があります。

sadfafdas

「File」→「Export Selected…」からも Markdown 記法で書き出せます。

Menubar-3

こちらの場合は、書き出しの条件をより詳細に設定することが可能です。

[ App 0_18874879 pid=28824 ]

例えば、箇条書きを表す「*」を、見出しを表す「##」等に置き換えることができます。

名称未設定.css

markdown 記法をどうやって HTML に変換するか

ここからが本題です。markdown から HTML への変換については、ネットで調べてみると実に多くの方法が紹介されています。私が便利で汎用性が高そうなだと思ったのは、「Markdown Here 」という Web ブラウザの拡張機能を使う、という方法。

Firefox 等のアドオン「Markdown Here」を使うと WordPress.com の編集画面上で markdown から HTML への変換が可能

Markdown Here
Markdown Here

アドオンのボタンをクリックするだけで、おそらく、ビジュアルモードを持つブログサービス等で使用可能です。以下の動画は、mac の Firefox 上で開いている WordPress.com の編集画面上で、アドオン「Markdown Here」を使って、markdown を HTML に変換しているようすです。

以下の記事によると、Evernote や Gmail でも使用可能だそうで、私自身も実際に試してみてできることを確認しました。

MarsEdit から投稿する場合には、MarsEdit の方で変換可能

なお、mac の定番ブログ投稿アプリ「MarsEdit 」には、もともと markdown から HTML に変換する機能があります(記事「Happy-Go-Lucky: [MarsEdit] Markdown 記法でブログを書く」参照)。

「Blog」→「Edit Settings…」の

Menubar-4

以下の部分で「Markdown」を選定し、

_comemo_ Settings

「Shift + ⌘ (Command) + T」を押しまくればうまくいくと思います。

Menubar-5

以下が実際の作業のようすです。

Coda 」や「メール」などの mac のアプリ上で markdown から HTML へ変換する

この方法は設定するまでが敷居が高いかもしれませんが、一旦、設定してしまえば結構便利そうです。

設定方法については以下の記事で懇切丁寧に解説されています。

うまく設定できると、以下のような感じで変換できます。

この「Automator 」というアプリは mac にもともと入っていたのですが、以下の記事によると、アプリをまとめて開いたり閉じたりするアイコンを作ったりもできるそうでなかなか便利そうです。

その他の方法

「Pandoc 」というアプリを使って、コマンドプロンプトから markdown ファイルを HTML ファイルに変換する

コマンドプロンプトを使う方法でちょっとややこしいかなと思いましたが、試してみたらなんとかできました。HTML から markdown への変換もできたりして、応用範囲の広そうな方法です。

小飼弾さんの記事

私には使い方がよくわからないのですが、たぶん、できるんだと思います。


以上、iThoughtsX から吐き出される markdown 記法のデータを HTML に変換し、WordPress.com に貼り付ける方法について検討してみましたが、私自身は新規の記事を書くときには Windows Live Writer を使っているので、もし、実際に使うとすれば、Coda で変換して、Windows Live Writer の編集画面にコピー&ペーストする、という方法をとると思います。

他にもいろいろとやり方はあると思いますが、とりあえず、私が調べた範囲での覚書でした。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。