WordPress.com の URL アドレスを日本語から英語に変更する方法

WordPress.com では、投稿記事の URL は「日付 + 記事タイトル(日本語)」で自動的に登録されます。

image

ただし、最近よく使われるようになったブックマークサービス「Pocket 」の iPad アプリから Safari へ転送する際などに

AccessMenuBarApps-83

記事をちゃんと読み込まないケースがあるようです。

AccessMenuBarApps-84

まだ確証はありませんが、どうやら 日本語の URL を英語に変えるといいようです(英語に変更した場合に、まだ「ページが見つかりませんでした」と言われたことがない。)。

2013年12月16日現在、3記事ほどチェックしたところ、URL に日本語を含んでいても iPad の Pocket アプリから Safari へ転送してもちゃんと読み込みました。

そういうわけで、ここでは、日本語を含む URL を英語にする方法について覚書でしたいと思います。

変更できる場所は 2 箇所あります。

ここと

AccessMenuBarApps-85

「スラッグ」という欄の 2 箇所です。

AccessMenuBarApps-86

ここのところで日本語を英語に書き換えればいいわけですが、私のように英語の苦手は人は翻訳ツールで機械的にやってしまう方法があります。で、私の場合は、Firefox の「Google Translate 」というアドオンを使おうと考えています。

使っているようすは以下のような感じです。

ポイントは、日本語を指定するときに末尾の「/」まで含めてしまうこと。日本語だけ選択すると自動的に編集欄に切り替わってしまって翻訳できなくなってしまいます。また、編集欄ではアドオンが機能しません。翻訳時に半角空白であった部分は自動的に「-」に変換され、また、末尾の「/」は自動的に削除されます。なお、細かい話ですが「⌘」等の特殊文字は自分で「command」と修正するか、削除した方がよさそうです。そういった文字を含んでいる場合も pocket から safari へ読み込んだ時にエラーがでましたので。

URL を英語にすると以下のように pocket にブックマークした記事を safari で開いてもちゃんと表示するようになります(まだ、エラーが出たことがありません)。

AccessMenuBarApps-87

なお、pocket 側で日本語を含む記事を safari で開けるようにするには pocket の方でパーマリンク等で開き直してから safari で開けば OK のようです。ネット上でこういったことが話題になっていないのは、日本語のブログサービス等で使われているパーマリンクのほとんどが id 番号等を採用しているためではないかと想像します。

また、いずれは pocket の方で日本語を含む URL でも問題ないように対処すると思われるので、こういった作業が永久に続くわけでもないかな、と考えています。

参考

レンタルサーバ等にインストールするタイプの WordPressでは、「設定」→「パーマリンク」のところでいくつかの登録パターンに切り替えることができます。

AccessMenuBarApps-82

関連記事・トピック

AccessMenuBarApps-88
パーマリンクの設定 – Cloudup

#2013