[WordPress.com] どのテーマでも宿泊予約欄付きのウェブサイトを制作するときには専用のホームページからサイトを生成するといいようだ

WordPress.com にはウィジェットに宿泊予約をするための欄を設置できる「Stay 」という無料テーマがありますが、以下のホームページからサイトを新たに生成すると、どのテーマであっても宿泊予約をするための欄を設置することができるらしい(すべてのケースでチェックしたわけではありません)ので、その覚書です。

AccessMenuBarApps-130
Hotels | WordPress.com

「Get Started」ボタンをクリック。

AccessMenuBarApps-131

適宜、名前、URL アドレスを入力し、「Create Blog」ボタンをクリックで新たなサイトを立ち上げることができます。

AccessMenuBarApps-132

管理画面に移り、テーマを適当なものに変更してみます。

AccessMenuBarApps-134

すると、テーマ「Stay」でなくても、

AccessMenuBarApps-135

「予約」というウィジェットがあることを確認できると思います。

AccessMenuBarApps-136

ウィジェットの中身はこんな感じ。

AccessMenuBarApps-137

このホームページからサイトを生成すると初期状態で以下のようになっているので、ここでは便宜上、ブログ形式の表示へ戻すために「フロントページの表示」のところを「最新の投稿」に変更し、

AccessMenuBarApps-138

「設定」→「一般」のところの「タイムゾーン」を適宜修正し、「言語」のところを「ja-日本語」に変更します。

Firefox

すると、サイドバーに宿泊予約欄が表示されるようになります。

AccessMenuBarApps-139

試しに適当に入力し、

AccessMenuBarApps-140

「返信」ボタンをクリックすると、

image

ちゃんと宿泊予約のメールが届きました。

image

最初から宿泊施設関係のサイトを作るつもりであれば、上記のホームページよりサイトを生成した方がいいかもしれません、という話でした。

参考

投稿者: comemo

mac & iPad で情報をインテグレートする

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。