[WordPress.com] 表示させたくはないけれども検索にはひっかかるようにしたい、といったようなときにどうすればいいかについての考察

例えば、ブログ上には表示させたくないけれども自分自身はなんらかのメモとして文章を追加しておきたいといったような場合、私自身は、自分自身が使っている Web ブラウザ上だけでは見えるけれども、他の人からは見かけ上、見ることができないように設定しています(記事「「Stylish」という Safari の拡張機能を使って、自分が使っているパソコンだけ表示を変える」参照)。

AccessMenuBarApps-5

rect3015

AccessMenuBarApps-4

しかしながら、CSS の追加はオプション機能であって、すべての WordPress.com ユーザーが使えるわけではないので、ここでは、その代替となりそうな方法について考えてみました。

コメント文<!– –>を使う

簡単な方法としては、コメント文を追加するという方法があると思います。

AccessMenuBarApps-6

この場合は、自分自身でも見れなくなってしまいますが、

image

とりあえず、記事中に記録を残しておくことはでき、検索でもひっかかってくれます。

AccessMenuBarApps-8

ただし、私の認識が正しければ、複数行にするとテキストやビジュアルの切り替えの時にレイアウトが崩れてしまうので、実質上、一行、ワンセンテンスだけの記述となるという制約がつきます。

<div style=”display:none;”></div>タグで囲う

もう一つの方法は、表示させたくはないけれども記録には残しておきたい、という領域を<div style=”display:none;”></div>で囲ってやるという方法です。

この場合は複数行の内容を追記したり、画像を含ませておくことができます。

そして、拡張機能「Stylish 」を使って、例えば、以下のような CSS を追加することで、

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document url("http://comguideja.wordpress.com/2013/10/31/%ef%bc%9cdiv-styledisplaynone%ef%bc%9e%ef%bc%9cdiv%ef%bc%9e%e3%82%bf%e3%82%b0%e3%81%a7%e5%9b%b2%e3%81%86/") {
.disablespace {
display:block !important;
border: 1px solid #ccc;
background-color: #eeeeee;
border-radius: 4px;
padding: 10px 15px;
margin: 10px;
}
}

自分が使っている Web ブラウザ上だけでは表示させる、といったようなことができます。

AccessMenuBarApps-11

rect3015

AccessMenuBarApps-10

あと、私自身は、あまり見てほしくないけれども、残しておかないとまずいかな、という、いわゆる中間的な部分については、以下のタグを使って、半透明で表示させることが多いです。

例えば、こういった部分です。

AccessMenuBarApps-12
Twenty Eleven

いずれも、あまり多用するとかえって見難くなったり、作業がややこしくなってしまったりするので、使用の方は必要最小限にとどめたいなとは思っていますが、ついつい、あれこれと追加してしまいます。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。