【WordPress.com】 一度貼り付けた画像を再編集する

最終更新日:2015-12-24

WordPress.com へ一度貼り付けた画像を再編集する方法についての覚え書きです。

fdfsdfsfds

画像を再編集するときには、ビジュアルモードの状態で、以下のエンピツマークをクリック。

新規投稿を追加 ‹ comemo — WordPress-2

すると、こんな感じの管理画面が表示されます。

新規投稿を追加 ‹ comemo — WordPress-3

私自身が画像の再編集機能でよく使っているものは以下の3つです。

画像にキャプション(タイトル)を入れる

以下のところに文字を入れると

新規投稿を追加 ‹ comemo — WordPress-4

画像の下にその文字が表示されます。リンクつきも可能です。例えば、こんな感じ。

(ここにキャプションが入ります。リンクも表示できます。)
(ここにキャプションが入ります。リンクも表示できます。)

上の例では以下のような文章をキャプションの中に入力しています。

(ここにキャプションが入ります。<a href="http://www.hatena.ne.jp/">リンク</a>も表示できます。)

画像の大きさを微調整する

私自身はよく、以下のような矢印の画像を使っていますが、

rect3015

この矢印の上下に差し込んでいる画像の大きさとのバランスを取るために以下のような感じで大きさの微調整を行っています。

CSS で初期設定されている画像の枠線を消去する

例えば、以下のように枠線がないほうが好ましい画像については、

Untitled-2

以下のような CSS をあらかじめ追加しておき、

img.bordernone {
border: none !important;
}

画像の方にクラス名「bordernone」 1 を追加することにより,

投稿の編集 sffgdff comemo — WordPress

枠線を削除しています。

Untitled-2

その他の主な機能

私自身は CSS を追加できるように WordPress.com をアップグレードしていますが、アップグレードしていなくても、以下の機能を使うことにより、画像個別に枠線を追加したり、余白の調整をしたりすることができるようになっています。なお、この機能は 2014-09-07現在、レンタルサーバ等にインストールして使うタイプの WordPress にはありません。

余白の大きさを調整する

「画像マージン」のところに適宜、数値を入力すると上下左右のマージン(余白)を画像個別に設定することができます。

投稿の編集 ‹ comemo — WordPress-2← 「margin-right:70px;」が設定された上で、左寄せをして、文字が右側から回りこむようにしています。

回り込みの解除は

<div style="clear:both;"></div>

で行っています。

枠線をつける

「画像ボーダー」のところで

カラーの選択

画像個別に枠線の色や太さを指定することができます。

Untitled-1

参考

  1. クラス名は任意。 

投稿者: comemo

mac & iPad で情報をインテグレートする

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。