【WordPress.com】 ゴミ箱の保管期間は30日間らしい

WordPress.com で記事を作成していく際、ボツになるものも出てくるわけで、そういったものは通常、「ゴミ箱」の方へ移動させるわけですが、

投稿 ‹ comemo — WordPress

ゴミ箱からデータを復元することができるのは知っていましたが、つい最近まで、しばらくするとゴミ箱内のデータが消滅してしまうことは知りませんでした。

投稿 ‹ comemo — WordPress-1

以下の記事によると、レンタルサーバ等で使われる WordPress では、30日たつとゴミ箱内のデータは消去されるのだそうです。

おそらく同じ仕様だろうとは思いましたが、念の為に WordPress.com でもゴミ箱内の記事の保管期間が30日間であるか、実際にゴミ箱にデータを保管して確認してみました。

8月15日にゴミ箱へ移動した記事がその31日後の9月15日にはちゃんと消去されていることを確認しました。

SystemUIServer

comemoarrow

Day-O

ちなみにふだんはほとんど気にもとめないゴミ箱機能ですが、データのインポート作業のときにはちょっと注意が必要です。

一発でインポート作業を終了できればいいのですが、たまにやり直しをする必要性が生じる場合があります。そういうとき、ゴミ箱にデータが残ったままだと、

投稿 ‹ comemo demo local — WordPress

インポートのやり直しをする際、「already exists」という表示が出て、「見かけ上」インポートがうまくいっていないように見えます。

インポート ‹ comemo demo local — WordPress

インポートを失敗するとしばらくインポート作業ができない状態になったりして、ふだんやらない作業だけに余計、混乱を招いているような気がします。このあたり、初期状態では上書きするようにしておいて、「ゴミ箱等にすでに存在している場合には上書きしない」というメニューを追加する方がスマートなのではな いかと個人的には思うのですが、歴史ある WordPress のこと、おそらく、何らかの意図があって、こういう設計にしているのだと想像します。

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。