Firefox のアドオン「Make Link」で表を再利用する

私自身は、Firefox のアドオン「Make Link」にあらかじめ、表のサンプルを登録しておき、それを記事に貼り、

2015-03-19 at 9.45

そこからデータを修正・追記して、新たに表を作成することが多いです。

アドオン「Make Link」に登録している表のサンプルは、例えば、こんなものです。

<table border="1" cellspacing="0" cellpadding="2">
<tbody>
<tr>
<td valign="top"></td>
<td valign="top"></td>
</tr>
<tr>
<td valign="top"></td>
<td valign="top"></td>
</tr>
<tr>
<td valign="top"></td>
<td valign="top"></td>
</tr>
<tr>
<td valign="top"></td>
<td valign="top"></td>
</tr>
</tbody>
</table>
&nbsp;

実際に貼るとこんな感じです。表の HTML タグは伸び縮みするのが初期状態となっており、文字入れすると行の高さや列の幅が自動的に変化します。

行や列を増やすときには、テキストモードにして、TextExpander を使って、tr タグや td タグを追加しています。1行分を作成し、2行目以降はコピペで増やしていきます。実際に作業をしているようすは以下のような感じです。

TextExpander のない方はアドオン「Make Link」に1行分の表・テーブルの HTML タグを別途、登録すればいいのではないかと思います。

関連まとめ記事

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。