WordPress.com の記事編集機能で自動的に削除されるタグなど

この記事では、WordPress.com の従来の記事編集機能 (クラシックモード) に各種 HTML の記述を貼り付けたときに自動的に整形・削除される、その傾向について覚え書きしていきたいと考えています。このあたりは理解するというよりも、使いながら慣れてしまった方がいい部分かと思います。

  • 動作確認の作業環境: Firefox 36 on Mac OS X (Yosemite)

ビジュアルモードとテキストモードの切り替え操作で消去されるもの・消去されないもの

ビジュアルモードとテキストモードの切り替え操作で消去されるもの

文末の <br> タグ

文頭からの <br> の場合は「&nbsp;」に変換され、空白行となるようです。

ビジュアルモードとテキストモードの切り替え操作で消去されないもの

文末に定義された id 定義つき、内容なしの <span> タグ

CSS クラス定義つきの内容なし <span> タグはどこに貼り付けても削除されるようです。

また、文末ではなく、文頭からの内容なし <span> タグの場合は id 定義つきであっても削除されるようです。

(詳細については調査中)

ビジュアルモードとテキストモードの切り替え操作で整形されるもの

テキストモードでの複数行の空白行 → 1行の空白行へ

空白行の傾向についてはちょっと複雑なので、別途、記事にしてあります。

 

ビジュアルモードへコピペするときに削除されるもの

HTML の記述で「style=””」内で定義した CSS

例えば、Firefox のアドオン「Make Link」を使って、スタイルつきの HTML の記述をビジュアルモードへ貼り付けることができますが、その中のスタイル (「style=””」内で定義した CSS ) は削除されるようです。

投稿者: comemo

mac & iPad で情報をインテグレートする

 

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。