mac の WordPress.com 純正アプリを試してみる

先々月に WordPress.com の純正アプリの mac 版がリリースされていました。

ダウンロード先はこちらです。私自身は確かめていませんが、Windows 版や Linux 版もあるようです。

また、WordPress.com と連携させることでレンタルサーバ等の WordPress でも使うことができるようです。

続きを読む

【WordPress.com】新しい投稿機能からクラシックモードに移行するためのブックマークレット

WordPress.com の新しい投稿機能からクラシックモードに移行する方法のうち、ブックマークレットによる方法について覚え書きしたいと思います。

公式には、新しい投稿機能からクラシックモードへ戻る方法は提供されていませんが、WordPress.com ユーザーと思われる方がブックマークレットを作成しています。

そのブックマークレットは以下のページの

「Edit in classic editor」というところにあります。

2015-12-25 at 21.24.jpg

このリンクをブックマークバーにドラッグ&ドロップし、新しい記事編集画面を開いているときにそこをクリックすると、以下のような感じでクラシックモードへ移行します。

移行する前に編集内容がちゃんと保存されているか、あらかじめ確認しておきます。

2015-12-25 at 21.26.jpg

クラシックモードから新しい記事編集画面に戻るときには、以下のリンクをクリックすれば OK です。

2015-12-25 at 21.29.jpg

なお、私自身の場合は、以下のようにカテゴリーが膨大にあり、新しい投稿画面では全体を俯瞰しづらいので、上記のブックマークレットを使ってクラシックモードに移行し、Stylish でカテゴリー画面を俯瞰できるような状態にして、カテゴリーの登録作業を行っています。

2015-12-25 at 21.34

mac の Chrome 上から WordPress.com への投稿について

最近、Web ブラウザの環境を FIrefox から Chrome へ移行しました。調整内容は多岐に渡ったわけですが、それらのうち、ここでは、WordPress.com への投稿について覚え書きしたいと思います。

続きを読む

WordPress.com の記事編集機能で自動的に削除されるタグなど

この記事では、WordPress.com の従来の記事編集機能 (クラシックモード) に各種 HTML の記述を貼り付けたときに自動的に整形・削除される、その傾向について覚え書きしていきたいと考えています。このあたりは理解するというよりも、使いながら慣れてしまった方がいい部分かと思います。

  • 動作確認の作業環境: Firefox 36 on Mac OS X (Yosemite)

続きを読む

WordPress.com の新しい記事編集機能について自主的な?アンケートをやっているようだ

私自身は英語を読むのがとっても遅いので、全体像の方は把握できていませんが、これまでの話の流れから推測するにおそらく、WordPress.com の新しい記事編集機能について自主的なアンケートを行っているようです。

2015-03-30 at 11.59

続きを読む

【WordPress.com】従来の記事編集画面にアクセスしやすくする方法 -ブックマークレットを使う方法-

最終更新日:2015-12-25

ここでは、ブックマークレットを使って、新しい記事編集機能から従来の記事編集機能 (クラシックモード) へ移動する方法についての覚え書きをしたいと思います。なお、クラシックモードから新しい記事編集機能への移行ボタンはもともと存在しているので、このブックマークレットを使うことで、両方の編集画面を行き来することができる、ということになります。

2015-03-24 at 11.00

arro03png

2015-03-24 at 10.57

続きを読む

【WordPress.com】従来の記事編集画面にアクセスしやすくする方法

最終更新日:2016-01-20

2015-03-17現在、WordPress.com には、新しい記事編集画面と

2015-03-17 at 13.16

従来の記事編集画面 (クラシックモード) とが混在した状態になっておりますが、

2015-03-17 at 13.17

ここ最近、新しい記事編集画面の方へ誘導するようなしくみに修正されたようです。

しかしながら、2015-03-17現在、私自身の作業環境である mac の Firefox 35.0.1 では、新しい記事編集画面では以下のようにレイアウトが崩れてしまいます。 1 その他カテゴリーの登録がやりにくい等の理由で、私自身はしばらく、いわゆるクラシックモードの方で記事編集を続けていきたいと考えています。

2015-03-17 at 13.20

そういうわけで、ここでは、強制的に従来の記事編集画面に戻す・リダイレクトさせる方法についての覚え書きです。

続きを読む

#2015