WordPress.com を使って、会員制のサイトを運営する方法についての検討

WordPress.com では、任意の WordPress.com のアカウントを登録することで、特定の人にだけブログ等を閲覧することができるようにすることができます。

設定 → 表示設定 → サイトの公開状態 → このサイトをプライベートにし、自分と選択したユーザーにのみ表示する」のところにチェックを入れ、「ブログに読者を招待する」ボタンをクリックすると、

2016-02-20 at 20.32.png

以下のページに移動し、ここのところで相手先のメールアドレスを入力し、「招待状を送信」ボタンをクリックすることで手続きを進めることができますが、

2016-02-20 20.31.43.png

ここからは私自身の推測ですが、あらかじめ gmail で任意のメールアドレスを取得しておき、

それぞれのメールアドレスについて WordPress.com のアカウントを取得し、それらのユーザー名をブログに登録し、

2016-02-20 at 20.42.png

そのユーザー名と登録時に使った gmail のメールアドレス及び WordPress.com へログインするときのパスワードを先方に連絡すれば、相手方に WordPress.com のアカウント取得作業で手を煩わせることがなく、特にパソコン等に不慣れな方が多く含まれる場合などはこのような方法の方がスマートかもしれません。

WordPress.com で記事の作成を依頼するときは「投稿者」、記事の内容をチェックしてもらうときは「編集者」、デザインの修正を依頼するときは「管理者」にユーザーの権限を設定すればいいのかな?

私自身はデザインをいじることがほとんどなので、ユーザー権限を「管理者」にしてもらうケースばかりなのですが、例えば、複数人でブログの運営をするときなどは、他の権限を使ったほうがいいような気がするので、そのあたりについてちょっと調べてみました。

難しいことはよくわかりませんが、イメージとしては以下のような感じになるのではないかと思います。

記事の作成やチェックを依頼する

続きを読む

#2013

[WordPress.com]各ユーザー権限での管理画面メニューの比較

comemo | WordPress.com でのウェブサイトづくりについて考えるブログ-1
続きを読む

#2012

WordPress.com ブログの増やし方/減らし方

最終更新日:2015-08-18

a1200_000033
写真素材 足成:たまご

WordPress.com ブログの増やし方/減らし方についての覚書です。
続きを読む

#2012

「ユーザー登録解除(退会)リクエストにつきまして」について研究する

ユーザー登録解除(退会)リクエストにつきまして « WordPress.com 日本語フォーラム」についての覚書です。

account03

続きを読む

#2011